有効な米国ビザが貼付された非米国パスポートを紛失または盗難された場合

(English)

有効な米国ビザが発給されているパスポートを紛失または盗難された場合、米国大使館に紛失または盗難の報告をする必要があります。下記フォームに正確な情報をご記入の上、送信してください。当事務所は報告された情報をデータベースに記録します。送信の際は、情報が正確かつ完全であることを確認してください。情報が不正確(不十分)な場合はデータベースに反映されません。

注: あなたがパスポートの紛失または盗難を報告した場合、その後パスポートが見つかっても、当事務所が記録を訂正することはできません。また、紛失・盗難届けを出されたパスポートやビザで米国へ渡航することはできませんのでご注意ください。

非移民ビザを所持している方:

もし、あなたのパスポートが見つかっても、ESTAの申請も含め、そのパスポートを使って米国へ渡航することはできません。新しいパスポートを取得し、必要であれば新しいビザを申請してください。ビザ免除渡航者はビザ免除プログラムについての詳細をこちらでご確認ください。ビザなし渡航が可能な場合はビザを申請する必要はありません。

移民ビザを所持している方:

もし、あなたのパスポートが見つかっても、そのパスポートを使って米国へ渡航することはできません。あなたのパスポートに移民ビザあるいは婚約者ビザが含まれている場合、条件付または永住者として許可されグリーンカードを受け取っている場合はビザの再申請は必要ありません。ただし、条件付または永住者として許可されたがグリーンカードを受取っていない場合は、米国に戻るためにボーディング・フォイル(Boarding Foil)が必要です。Boarding Foilは渡航予定日から30日以内に発行されることにご注意ください。

米国パスポートを所持している方:

米国パスポート紛失・盗難の報告については米国市民サービスにご連絡ください。

下記フォームは、パスポートおよび米国ビザ盗難・紛失通知専用フォームです。その他のご質問に用いることはできません。ビザに関するお問い合わせはビザコールセンターをご利用ください。


1.
パスポート上の英語の姓名:
2.
生年月日: (生まれ年も西暦で記入すること)
3.
出生地:
4.
盗難・紛失したパスポート番号:
(再発行されたものではないパスポート)
5.
盗難・紛失したパスポートに発給された米国ビザの種類:
6.
米国ビザ発給地:
7.
電話番号:
8.
FAX番号:
9.
Eメールアドレス:
10.
紛失・盗難届けを警察や自国の大使館に提出しましたか?
 はい   いいえ
紛失・盗難届けを警察や自国の大使館に提出した場合は、その詳細を明記し、ファックスまたは郵送してください。ファックス番号:03-3224-5151; 住所:〒107-8420 東京都港区赤坂1-10-5 米国大使館領事部ビザコミュニケーションユニット
11.
紛失・盗難の状況説明:
(いつ、どこで、どのような状況下で紛失したのかを記入すること)
12.
あなたは、このフォームを代理で提出しますか?
 はい   いいえ
13.
上記に該当する場合、パスポート所持者との関係と代理人氏名を入力してください。
送信の前に、情報が正確かつ完全であることを確認してください。情報が不正確(不十分)な場合はデータベースに反映されません。
   

記載された電話番号またはEメールに当事務所から連絡する場合があります。